出会いのチャンス

そんな女だと思わなかった」

 

 

 

寛人(ひろと)の言葉が
頭をよぎる。

 

 

 

3年付き合って

 

 

ずっといい女を演じて

 

 

いいところばっか
見せようと必死で

 

 

去年のクリスマスに
結婚しようって言われて

 

 

キタ―――――!と
思ったのに。

 

 

 

年明けから
結婚式の準備を始めて

 

 

憧れのチャペルでの挙式

 

 

ヨーロッパに新婚旅行

 

 

 

全部一瞬で
失くしてしまった。

 

やっと会社を辞められる

 

 

毎日の
ルーティンワークから
解放されて

 

 

寛人のためだけに生きるんだ

 

 

そう思ってたのに。

 

 

 

この会社に
何の魅力も感じない。

 

 

大手企業だから
ここのOLだと言えば

 

 

聞こえがいいことくらいしか
いいところがなかった

 

 

寿退職します!と
張り切って申し出て

 

 

 

あっという間に婚約解消。

 

 

 

退職を取り消してくださいと
会社に言うとき
どんだけ恥ずかしかったか!

 

 

でも

 

 

何があっても今は
会社を辞めるわけには
いかない。

 

 

これから出会いが
あるかどうかもわからない。

 

 

年々そのチャンスは
減っていく。

 

 

同期入社の女子社員たちは
全員辞めていった。

 

 

「終わりました」

 

 

出来上がった書類を
課長に提出する。

 

 

そいつはちらっと
こちらを見てあからさまに

 

 

「はぁー…」

 

 

と深い溜息をついた。

 

 

遅いよ、と
言わんばかりだ。